更新日:2014/12/22

私は現在39歳。妻と二人の子供と一緒に一戸建てに住んでいます。高校生の頃に両親が離婚した私は父と一緒に生活を送り、結婚後に父が他界し家を相続しました。父が結婚した時に建てた家という事もあって結構家自体が痛んでおりましたので、思い切って家を建て替える事にしました。土地を売って新しい一戸建てを建てる、または建売住宅から探すという事も一瞬考えましたが、私が小さい頃からお世話になってきたご近所さんと付き合いを続けた方が、気兼ねする事なく今までと変わらない生活を送る事が出来るので建て替えに決めたのです。

新聞に入ってくる住宅メーカーの広告を見ながら何社かの展示場へと夫婦で足で運び、予算と相談して決定しましたが、セミオーダー注文住宅というのでしょうか。ある程度決まった間取りをメーカーの担当者に出してもらい、その中から気に入ったものを選びました。今考えるともっと間取りを考えておけば良かったと思う点もあるのですが、セミオーダーという事で外壁(サイディング)の色、クロス、キッチンやお風呂といった設備も自分達で決める事が出来たのでその辺りは良かったと思います。

家が完成するまでの四ヶ月ほどはアパートに一時的に住む事となったのですが、困ったのがペット可のアパート探しとなりました。不動産屋さんを何件も廻りペットと同居する場所を探したのですが、どこも交通アクセスが悪く着工が近づいていた事もあって少し離れた場所に住まざるを得なかったのです。平日は妻が、週末には私が家の工事を覗きに行くようにし、職人さんに出来る限り差し入れを行いました。これをするのとしないとでは工事の出来が変わるという会社の先輩の忠告を守ったのですが、職人さん方は大変丁寧な仕事をして下さっており、家が建ってから10年後の無料の住宅点検で業者さんに良い腕を持った職人が仕事をしたと褒めていただきました。家のトータルの購入金額は1400万円と上物の解体、建築の金額だけでしたので生活を圧迫する事もほとんどありません。 この10年の間に子供に二人も恵まれる事が出来、思い出がこれからも沢山増えていく事と思います。快適に住み続ける事が出来るように家族と一緒に家を大切にしていきたいと思います。